ホエールウォッチング

 

冬季限定開催!!2020年1月11日~4月5日まで!
※2020年のホエールウォッチングツアーは終了致しました。ありがとうございました。
 2021年のツアーは日程が決まり次第、更新致します。

冬になると遠くアラスカから、ザトウクジラが沖縄の海に帰ってきます。
そんなクジラ達が見せてくれるダイナミックなパフォーマンスを、ボートでウォッチングするツアーです。

 

 料金

【中学生以上】 1名様 3,800円(税込)

【小学生】1名様 2,000円(税込)

※0歳~小学生未満のお子様は無料です。

※妊娠中の方はご予約の際にご相談下さい。

 料金に含まれるもの

乗船料、ライフジャケット、レインコート、船酔い防止のあめ、施設使用料、保険

 持ち物

飲み物、上着、心配な方は酔い止めを服用の上お越しください。

 集合場所

沿岸漁港(エンガンギョコウ) 

沖縄県那覇市港町3-1-17

※入口にある「亀そば」「海産物えんがん」が目印です。

那覇空港や国際通りから車で約15分!駐車場無料です。

 スケジュール

【AM便】 8時30分集合 12時00分解散 (所要時間 約3時間30分)
【PM便】12時30分集合 16時00分解散 (所要時間 約3時間30分)

※帰港時間や集合時間は天候や状況により変更になる場合があります。

※鯨の捜索、発見に時間がかかる場合があります。

※天候や海洋状況、ウォッチングの状況により帰港時間が急遽変更になる場合があります。

 

ザトウクジラ

ザトウクジラ
(座頭鯨・学名Megaptera novaeangliae)
クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科に属するヒゲクジラの一種。

標準的な個体としては14m前後で南半球の鯨の方が大きく成長する事が確認されていて最大の個体では19mと大型種に匹敵するほどに成長することが確認されている。
最も特徴的なのは全体の三分の一にもなる長い胸鰭で学名のMegapteraは「大きな(=Mega) 翼(=Ptera)」という意味で、これは巨大な胸鰭から命名されている。
鯨の種類によっては200年生きる種類もありますがザトウクジラは最大寿命で77年、平均では40年~50年と言われています。

和名の由来はその姿(背びれと背中の瘤等)が琵琶を担いだ座頭に似ているためと言われている。英語では背中の瘤からHumpback Whale(せむしの鯨)と呼ばれる。(wiki) 歌を歌う鯨としても知られこの季節の沖縄の海は鯨の歌声で賑やかです。

 

ホエールウォッチングで観察できる鯨のアクション

  • Blow(ブロー)

    クジラの潮吹きで水面で呼吸する時に息と一緒に高く噴き出します。まっすぐ高く噴き出す鯨や丸くふわっと噴き出す鯨など、個体によってその形は様々です。

  •  
  •  
  • Underwater Blow (水中ブロー)

    水中ブローの目的は主に泡のカーテンを作り小魚を追い詰め捕食する為の行動ですが、捕食をしない沖縄でも仲間と遊んでいる時などに確認する事ができます。

  •  
  •  
  • Rainbow Blow(虹色ブロー)

    晴れた日には確率高く確認できるとてもフォトジェニックな虹色のブローです。ウォッチングする角度が重要なので、船長にリクエストしてみましょう。

  •  
  •  
  • Heart Blow(ハート型のブロー)

    恋をしている人にはハートに見えると言われているブローです。クジラにとっては恋の旅。良いパートナーに出会えるといいですね~。あ、恋してなくてもちゃんと見えます。

  •  
  •  
  • Fluke Up (フルークアップ)

    鯨の個体を識別する上で最も重要なのが尻尾の模様で、個体によってその模様は異なります。深く潜る前に見せてくれるアクションで、高く尻尾を上げた時がシャッターチャンスです。

  •  
  •  
  • Fluke Down (フルークダウン)

    こちらも深く潜る前に見せてくれるアクション。横幅が4mはあるかと言う巨大な尾びれから流れ落ちる海水がカーテンのように美しいフォトジェニックなアクションです。

     

     

    Pec Slap (ペックスラップ)

    胸の筋肉を意味するPEC、ぴしゃりとうつ事を意味するSLAP。ザトウクジラ最大の特徴でもある長い胸鰭を勢いよく水面に叩きつける人気のアクションで、SLAP音が半端ないです。

  •  
  •  
  • Flipper Flopping (フリッパープロップ)

    このアクションの特徴は鯨があおむけになっている所です。リラックスしている時に見られる行動で両手を上にあげバタバタさせる癒し系アクションです。

     

     

  • Spy Hop (スパイホップ)

    ほぼ動かない状態で直立した状態からゆっくり顔を水面よりも高く上げる行動です。潜水艦が潜望鏡を上げて周りを監視する事に似ていることからスパイの名が付いたようです。

  •  
  •  
  • Head Slap (ヘッドスラップ)

    お腹が下の状態で水面から三分の一程飛び上がり、頭を水面にSLAPする行動を言います。大人気のアクションで、連続で見れる事も特徴なアクションです。

  •  
  •  
  • Peduncle Arch (ペダンクルアーチ)

    ペダンクルとは花柄の意味で鯨のシルエットがそう見える事から付けられた様です。深く潜る前に見せてくれる行動で並んで潜水を開始する姿はとても美しかったりします。

  •  
  •  
  • Tail Slap (テールスラップ)

    尾びれを水面高く上げ、繰り返し尾びれを水面にSLAPする行動を言います。数頭で繰り広げるSLAPの迫力と爆音は圧巻で見るものを圧倒してしまいます。

     

     

  • Peduncle Slap (ペダンクルスラップ)

    レア度としてはナンバーワンのアクションです。テールスラップとの違いは大勢が斜めである事。主に威嚇行為ではないかとも思われ威嚇の声などとセットで確認できる事が多い行動です。

     

     

  • Breach (ブリーチング)

    ザトウクジラのパフォーマンスの中では圧倒的に人気のアクションです。背中から飛び上がり水面に巨体の三分の一を出してひねりながら着水。大迫力です。

     

     

  • Meting Pot (メイティングポッド)

    ホエールウォッチングで見る事の出来る鯨の行動では最も感動的です。雌鯨をめぐり繰り広げられる雄鯨の攻防戦。時には20頭を超える群れになる事も。

  •  
  •  
  • Jump (小鯨のジャンプ)

    大型鯨のジャンプも大迫力ですが、子供や中型サイズの鯨のジャンプは必見で画像の様に全身が露出するほど飛び上がる事が特徴的で、連続で飛んだりするので大人気の行動です。

  •  
  •  
  • クジラの逆立ち

    こちらもレア指数の高い行動でまずお目にかかれません。母鯨が逆立ちをしたような体制で休んでいる周りで小鯨が遊んでいたりします。母鯨は眠っていると言われていますがはてさて?

  •  
  •  
  • その他のアクション

    様々なアクションを見せてくれる鯨ですが野生の生き物だけに決まったアクションに留まる事は無く、予想外の動きを見せてくれる事も多々あります。明日はどんな鯨に出会えるでしょうか?